専業主婦でも借り入れることができた体験談(女性/30代)

数ヵ月の間、友人の結婚式が続いて今月の生活費が全然足りなくなってしまいました。

 

信じて家計を任せてくれている主人にはとても話せず、どうしようかと一人で悩みました。

 

水道光熱費などの支払いの期日が迫ってきてしまい非常に困っていたところ、
専業主婦でも借入れることができるキャッシングがあることを知りました。

 

私が選んだこちらのローン会社は銀行のローンなので安心感がありました。

 

手続きも簡単で専業主婦でも借りられることができて、本当に嬉しいの一言です。
即日に入金されていたので、支払いに間に合ってとても助かりました。

 

一番心配していた主人にも気づかれることもなかったですし、勇気を出して借りてみて良かったです。

 

返済もスムーズにできましたし、特別難しいことはなくキャッシングにむしろ魅力を感じています。
最初はちょっと抵抗があったのですが、借りてみたら案外と簡単でアッサリしてました。

 

家計のやりくりが上手くいかない時もあるので、また利用したいです。

 

同じように悩んでいる友人がいるので、教えてあげようと思います。
気持ちにゆとりができたことで、周りや家族にも優しい心で接している自分になりました。

よくある質問

銀行系でばれないといっても、専業主婦の借入って問題にならないの?
専業主婦が借入をする場合、銀行系のカードローンが一般的ですが、夫に安定した収入があれば問題ありません。総量規制という法律がありますが、それは消費者金融に関する場合で、銀行系のカードローンにはあてはまりません。問題があるとすれば、夫に借入がばれてしまった時、または返済が滞ってしまった時でしょう。ですので、専業主婦が借入をする時には、無理なく返済できるように金額をよく考えて、計画をしっかりたてることが大事です。

 

専業主婦で借入をした場合、どのくらいまで借りれるの?
収入のない専業主婦の場合、総量規制の対象になる消費者金融はそのままでは利用できません。一部の消費者金融は配偶者貸付を利用できるので、これを利用すれば夫婦の利用額の合計が夫の年収の3分の1になるまでは借入できます。また、総量規制の対象外である銀行では年収による制限はありませんが、実際には収入がないと利用は難しいです。しかし、専業主婦でも利用を認めているところもあります。この場合、利用限度額は10万円から30万円程度に抑えられています。

 

専業主婦の借入は利息は通常よりも高い?
パートなどで毎月一定の収入がある専業主婦の方は、一部の銀行や消費者金融のカードローンを利用出来ます。借入の際の利息は通常と変わりません。専業主婦だからといって、金利が高く設定されるわけではないのでご安心下さい。また、自分自身に収入がなくても、配偶者に収入があれば利用出来るカードローンもあります。その場合も、利息は通常と同じです。ただし、借入出来る金額の上限は、10万円程度までになります。あまり多額のお金を借りることは出来ないので、注意しましょう。