銀行系ローンの種類と使い方

銀行系ローンは多彩な資金ニーズに合わせて、その資金目的のために利便性の高い商品が用意されているのが魅力です。

 

たとえば、人生で一番大きな買い物と言われているマイホームの購入は何千万円から億クラスの資金が必要になります。
一介のサラリーマンの生涯収入が2億円などと言われる中、キャッシュで買おうとすれば到底無理な話です。

 

ですが、銀行や信用金庫など銀行系住宅ローンがあるおかげで、
年収の何倍もの金額を30年といった長期にわたって低金利で貸してもらうことができます。

 

年収以上の多額の借入れができるのは、住宅に銀行等の抵当権を設定し、
万が一返済ができなくなった場合には競売にかけて、債務の返済に充てるようにしているためです。

 

そのため、担保付のローンは大口かつ長期、低金利が実現できます。

 

一方、1000万円未満の小口で低金利が実現される銀行系ローンには、マイカーローンや教育ローンがあります。
マイホーム、マイカー、教育は私たちの生活に必要不可欠な存在でもあり、低金利で借りやすいように配慮されています。

 

マイカーの場合、特に地方在住の方はなくては生活できないアイテムです。

 

また、近年は高校はもちろん、多くの学生が大学や専門学校に進学し、進学率が高まっています。

 

親に経済的余裕がないために、未来あるお子さんが希望する教育が受けられないことがないよう、
低金利で借りやすいうえ、在学中は利息のみの返済など返しやすい教育ローンが用意されています。

 

こういった資金目的に応じたローンを賢く利用するのはもちろん、
高いニーズがあるのが自由に使えるお金を用立てたいというものです。

 

この場合に活躍するのがフリーローンやカードローンであり、
特に利用枠の範囲内で何度でも借りたり返済したりできるカードローンは一番の人気商品です。