総量規制を超えて借り入れができる事業資金

 

インターネットを使ってオンラインショップを運営しているのですが、さらに事業拡大をしたく、事業資金を調達することにしました。

 

オンラインショップの売上は順調なものの、まだまだ社会的な信用が足りずに銀行などからの融資を受けることはできません。
そこで消費者金融のなかで事業資金を目的とした借り入れができるビジネスローンを利用することにしました。

 

一般のキャッシングは使用目的の制限はないと言いながら事業資金としての利用ができないものが多い上に、
総量規制の対象となってしまい、年収の1/3以上の借り入れをすることができません。

 

事業資金に目的を絞ったビジネスローンならもちろん事業のために心置きなく使える上に、利用限度額がかなり大きいので安心です。

 

総量規制の対象外でもあるので、年収の1/3を超えた額でも借り入れができるのでチャンスを逃さず資金投入することができます。
ビジネスローンを借りることで、事務所を借りる費用や、スタッフを雇用して事業拡大することができました。

 

取り扱いのアイテム数も増やし商品販売を拡大して、借入の返済をしながら運営していく緊張感もありとても毎日やりがいがあります。

 

事業資金の調達ができなかったらチャレンジすることも難しいので助かりました。

事業資金が集められなくて起業を断念した体験談

私には以前起業を目指して事業資金を集めようと色々と頑張ったものの、
結局どうしても事業資金を集めることが出来なくて起業を断念したという経験があります。

 

そもそも事業資金を集めることが出来なかった最大の理由は、自分自身の不甲斐なさにありました。

 

というのも当時の私には夢や目標に向かって計画的に貯金をしていくという考えを全く持ってなく、
ただ今さえ楽しければそれでいいとの考え方を持っていました。

 

その為会社員として働いてもらう毎月のお給料を節約して貯金することもなく、すぐにショッピング等に使ってしまっていました。

 

しかもローンを組んで高級なブランド品を買うということもしょっちゅうしておりました。

 

なので起業をしたいと思って事業資金を融資してもらおうと思っても、他のショッピング等の
まだ完済していないローンが多数あるという理由で、なかなか融資をしてくれるところを見つけることができませんでした。

 

貯金もない、融資をしてくれるところも見つからない、このような厳しい状況が続いて当時の私はすっかり起業に対するやる気と情熱を失ってしまい、
ついには断念してしまったというわけです。なので今ではその時の反省をしっかりと活かし、毎月のお給料を少しづつ貯金するようにしています。

親戚に事業資金を貸してもらって起業をした体験談

今から5年ほど前のことですが、私は当時何の変哲もないごくごく普通の会社員として毎日会社と自宅を行ったり来たりする生活を送っていました。

 

しかしある時にふと、私はこのまま定年を迎えるまで会社員として上から指示される生活を送っていきたくはない、
何とかして起業をして自分が社長として世の中に少しでも貢献していきたいと考えるようになりました。

 

しかし起業をする為には当然いくらかの事業資金が必要になってきます。

 

私はその当時恥ずかしながらほとんど貯金ができておりませんでしたので、お金を持っている親戚に事業資金を貸してもらおうと考えたのでした。

 

親戚の中でも割と普段から親交があって仲の良い人に事業資金を借りることにしました。
思いの外私のやりたいことに対して理解を示してくれ、快く事業資金として多くのお金を貸してくれました。

 

この親戚には今でも本当にものすごく感謝しています。幸いにも起業してから約5年経った現在、
少しづつではありますが業績も安定していき、最近では親戚に事業資金として借りていたお金を全て返済することができました。

 

本当にあの時勇気を出して親戚に事業資金を貸してもらって良かったです。

 

これからも経営者として頑張っていこうと思います。

お勧めサイト